小千谷縮(おぢやちぢみ)とは

 

軽やかで涼しい麻布

『小千谷縮(おぢやちぢみ)』とは、新潟県小千谷市周辺を生産地とする苧麻(からむし)を使った日本伝統の麻織物です。1200年前から小千谷近辺では麻布が織られていましたが、400年ほど前に緯糸に撚りをかけ、お湯に浸けて揉み “シボ”と呼ばれるちぢみを出す手法が発明されて小千谷縮となりました。

経糸、緯糸共に麻を手積みした糸で織られた生地で、国の重要無形文化財に指定された反物のみが、ユネスコの無形文化財の技術を使っていることを謳えます。

小千谷縮で仕立てた衣服は、高温多湿の季節に袖を通すと、小千谷の雪の冷気を含んだかのような、さらりとした涼感があり、風が通り抜けるような着心地と軽やかさがあります。